MurderMystery

​マーダーミステリー

『マーダーミステリー』とは?

プレイヤーがとある殺人事件の登場人物の役になり、会話や操作を通して、事件の真相を解き明かす推理ゲームです。

『マーダーミステリー』ゲーム詳細

説明

概要


マーダーミステリーは、プレイヤーがとある殺人事件の登場人物の役になり、会話や捜査を通して、事件の真相を解き明かす推理ゲームです。




遊び方


1.とある殺人事件(シナリオ)のキャラクター(登場人物の役)になる。 2.会話(プレイヤー同士の情報交換)や操作(カードのドロー)を通して、真相に迫る。 3.犯人を推理する。(犯人はバレないようにする。)





流れ

ルール説明


・マーダーミステリーの遊び方 ・今回のシナリオのルール
・注意事項  をご説明します。




プロローグ


事件の背景を聞いたり、自己紹介をしたりします。




解答タイム


犯人だと思う人への投票など、シナリオやキャラクターに応じた解答(投票や指名)を行います。




推理パート


ゲームのメインとなるパートです。
「会話」や「捜査」を通して、事件の真相解明や個人の目的達成を目指します。 推理パートでできる行動は「推理」をご覧ください。




配役・シナリオ確認


・配役 今回の殺人事件(シナリオ)に登場する人物の中で、それぞれのプレイヤーが誰の役になるのかを決めます。 ・シナリオ確認(10~20分) そのキャラクターのシナリオ(台本)を受け取ります。シナリオ(台本)は、いわばキャラクターの記憶です。プロフィール、生い立ち、事件当日の行動が書かれています。




エンディング


推理パートや解答タイムの結果に応じて、今回の殺人事件(シナリオ)はエンディングを迎えます。いくつかの分岐があることが多いですが、どのエンディングに辿りつくかは、プレイヤーの行動次第です。




解説


・事件の真相
・真犯人は誰か
・どうしたら真犯人が分かるか
・それぞれのキャラクターの行動 などを含めて、感想を話します。
人生で1度しか体験できない物語の結末を知りましょう。





推理

「会話」


他のプレイヤーと話して情報交換をすること ・議論 全員でテーブルを囲んで話す ・密談 2~3人で内緒話をする




推理パートでのアクション


・「会話」 ・「捜査」 などを、制限時間内で自由に行うことができます。 時間はシナリオによって60~150分ほどです。




「捜査」


アイテムや情報のカードを引くこと
・カードの種類
・チップの用途
・それぞれの注意事項
など、シナリオによってルールが異なります。





​SCENARIO

​シナリオ

​case.1 双子島神楽歌-ハルカゲカグラウタ-

▼イントロダクション


太平洋沖に浮かぶ巫汰児列島(ふたごれっとう)の主島である二つの島、 「陽島(はるしま)」と「陰島(かげしま)」。 通称「双子島」と呼ばれるこの島で、 七年に一度、四月の頭に行われるという珍しい神事の翌朝、 巫汰児神社の社殿で、宮司である両儀尊流(りょうぎたける)と、 地元有力者の舟護正造(ふなもりしょうぞう)、二名の遺体が発見された。





プレイ時間:約4時間
プレイ人数:8~10名 (8名以上で開催)

プレイ時間:約3時間
プレイ人数:6~7名 (6名以上で開催)

​case.2 何度だって青い月に火を灯した

説明

概要


マーダーミステリーは、プレイヤーがとある殺人事件の登場人物の役になり、会話や捜査を通して、事件の真相を解き明かす推理ゲームです。




遊び方


1.とある殺人事件(シナリオ)のキャラクター(登場人物の役)になる。 2.会話(プレイヤー同士の情報交換)や操作(カードのドロー)を通して、真相に迫る。 3.犯人を推理する。(犯人はバレないようにする。)





流れ

ルール説明


・マーダーミステリーの遊び方 ・今回のシナリオのルール
・注意事項  をご説明します。




プロローグ


事件の背景を聞いたり、自己紹介をしたりします。




解答タイム


犯人だと思う人への投票など、シナリオやキャラクターに応じた解答(投票や指名)を行います。




推理パート


ゲームのメインとなるパートです。
「会話」や「捜査」を通して、事件の真相解明や個人の目的達成を目指します。 推理パートでできる行動は「推理」をご覧ください。




配役・シナリオ確認


・配役 今回の殺人事件(シナリオ)に登場する人物の中で、それぞれのプレイヤーが誰の役になるのかを決めます。 ・シナリオ確認(10~20分) そのキャラクターのシナリオ(台本)を受け取ります。シナリオ(台本)は、いわばキャラクターの記憶です。プロフィール、生い立ち、事件当日の行動が書かれています。




エンディング


推理パートや解答タイムの結果に応じて、今回の殺人事件(シナリオ)はエンディングを迎えます。いくつかの分岐があることが多いですが、どのエンディングに辿りつくかは、プレイヤーの行動次第です。




解説


・事件の真相
・真犯人は誰か
・どうしたら真犯人が分かるか
・それぞれのキャラクターの行動 などを含めて、感想を話します。
人生で1度しか体験できない物語の結末を知りましょう。





推理

「会話」


他のプレイヤーと話して情報交換をすること ・議論 全員でテーブルを囲んで話す ・密談 2~3人で内緒話をする




推理パートでのアクション


・「会話」 ・「捜査」 などを、制限時間内で自由に行うことができます。 時間はシナリオによって60~150分ほどです。




「捜査」


アイテムや情報のカードを引くこと
・カードの種類
・チップの用途
・それぞれの注意事項
など、シナリオによってルールが異なります。